初めてエルメスを買った日はすごくうれしかったですね

初めてエルメスを買った日はすごくうれしかったですね

私が初めてエルメスを購入したのは20歳の時でした。エルメスの財布を20歳の記念に買ったのです。ずっと憧れていましたが、学生では手が出ませんでしたので、就職して賞与をいただいてから買いました。なんだか大人になれたような気がしてすごくうれしかったのを覚えています。それからは少しずつエルメスを賞与をいただくたびに買いました。自分へのご褒美のようなものでした。財布やバック、ひとつひとつ揃えていくのが楽しみでしたね。仕事もどんどんハードになっていき責任も重くなっていきました。しかしやればやるほど給料のあがる会社でしたので、昇給と一緒にブランド物もどんどん増えていきました。やりがいもありましたし、なんだか目標になっていきましたね。今でもしっかり使えるのでエルメスってすごいですよね。流行も多少はありますが使っていても違和感がありません。今は主婦になりあまり買えませんがそれでも主人に買ってもらっています。この冬はエルメスのバックを買ってもらいました。

「エルメス好き」の心理学

あなたはどんな理由でエルメスを買いましたか?エルメスは、本来その質の高さが認められ、何年何十年も使った後でも修理して貰えるといった「信頼の証」なのです。「使い勝手が良いから買う」ものでもあるのです。ところが多くの人達は、動機がちょっと変。「なんでもかんでもエルメスならOK!」「これ、高いから欲しい!」そう言った人達は、心理学的な関知から言うと、「自分の価値が低いから、世間的に高いエルメスを持つことで、己の価値を高く見てもらいたい」と言う心理が働いているそうなのです。「流行しているから」、「みんなが買っているから」と言うのは、流行や話題に取り残されるのが嫌な人。そのブランドが好きで買う訳ではなくて、仲間ハズレにされたくないから、買っているのです。横並びが好きな、とても日本人らしいとも言えますね。逆にエルメスを持っていない人で、「興味がないから」と言っている人がいます。確かに本当に興味の無い人もいますが、買う余裕がないことを認めたくないから、そんな惨めな状態を知られたくないから、口先では「興味が無い」と言っている人がかなりいます。「エルメスなんてもったいない」と言っている人もまた同様ですね。極々たまに本当に興味の無い人がいますが、そう言った人は自分自信にプライドを持ち、いわば自分がブランドの人です。こういった人が、往々にして、色んなジャンルの次代のブランドを作り上げていくのです。いずれにせよ、何時までもブランドに振り回されてありがたがるミーハーよりも、価値を理解して使える大人になりたいものですね。

いつも買い物をする時、ブランド品を買って長く使うか、激安品を買って使いつぶすか、いつも迷ってしまいます。
しかし買い物をすると、計画性がないからか結局財布の中身と相談してその場で払える範囲の物を買ってしまいよく後悔する事があります。
お金がなくて困ったときはブランド品というだけでオークションに出したりすると良い値がつくのですが、デザインが良くてもブランド品でなければ出品してもなかなか入札してもらえません。
質屋に行っても同じです。
ブランドの力ってすごいなって思います。
私自身、ブランドにこだわりたい物があります。
それはブライトリングのクロノグラフの腕時計。
昔、雑誌でブライトリングのクロノグラフを見た時一目惚れしてしまって、
ずっと欲しかったのですが、高くてなかなか手が出ず結局長い間お金を貯めて買いにました。
ブランド物を持っているとわかる人だけに気がついてもらうだけで嬉しくなってしまいます。
こだわりもあります。例えばドラマで好きな俳優がしていたから欲しくなったとか、彼女(彼氏)が持っているからどうしても欲しいとか・・・。
どちらにしても有名なブランドなら品質もしっかりしてるし安心感があるのでブランドが良いのかなと思います。
物によっては一生使えますからね。

続きを読む≫ 2013/06/15 14:26:15